よくあるお問い合わせ

はじめて日本舞踊に接する方には、何もかもが疑問のことと思います。
最初は誰も同じです。恥ずかしがらずに、どうぞお気軽にお問い合わせください。

何歳くらいから始めるといいですか?

三歳過ぎれば大丈夫です。

お稽古事は六歳六月六日から始めると上達するといわれておりますが、3歳から始める方も多いです。実際の3歳児のお子様の発育状況からみて、力の調整の仕方やバランス感覚がこのころ向上するといわれております。ですから、このころより踊りを通して、バランス感覚を伸ばし日本の音楽に合わせて楽しく学べることから入ります。

私も3歳から始めました。

どのくらいの期間で踊れるようになりますか?

焦らずやることが大事です。

お稽古は「日本舞踊の基礎」から「古典舞踊」を並行して致します。

古典舞踊は、手ほどき作品(曲)から入り、作品によっては多少違いますが、3か月位を一つの作品の目安とします。一つ一つ作品を仕上げていくと楽しさも増し、より深まっていきますので、焦らずお稽古することが大切です。

一人一人個別で教えてもらえるのですか?

基本的に個別指導させていただきます。

年齢性別、経験者、初心者問わず、個人でお稽古いたします。ですからその方に合わせてのマンツーマンのお稽古ですので、その方の良さを引き出し、お稽古によって自分の気付かなかった個性を引き出し磨いていただけます。

将来は名取りを目指したいのですが・・・

喜んでご指導させていただきます。

お弟子さんから名取りが10名出ておられます。

目標をもってお稽古すると、より励みと楽しみが増しますので大歓迎です。子供の頃から始めた方はもとより、OLになって始めた方も目標を達成させておられます。

お弟子に男の人もおられますか?

八王子教室、神楽坂教室ともいらっしゃいます。

サラリーマンの若手、現役リタイアのご年配まで、楽しくお稽古されています。

着物は浴衣くらしか持ってないのですが?

お稽古は浴衣で大丈夫です。

夏場はもちろん浴衣です。冬場になるとウール地や洗える着物がよろしいでしょう。初めての方には、下着や足袋、お扇子など、必要なものをお教えしますので、ご自分で揃えないで最初は手ぶらでおいでください。

発表会はどのくらいの頻度でやられるのですか?

浴衣会は年に一度の割合でやっています。

「ひなの会」の浴衣会として、毎年8月か9月に実施しております。2016年で33回になります。衣装を着けての大きな会は5年に1度位です。

踊りはお金がかかると聞いたのですが?

普通にやっている限りはかかりません。

大きな舞台や浴衣会に出演する場合には、経費は掛かりますが、まずはお稽古からですので、他のお稽古事と大差ないと思います。

お稽古はいつで、お月謝はいくらでしょうか?

八王子教室は週2回、神楽坂教室は週1回です。

八王子は月、木曜日、神楽坂は土曜日。入会金・お月謝のことはお問合せ下さい。

八王子は8001800、神楽坂は12301700となっております。

稽古日が合わないときには、他の教室へ振り替えてお稽古される方もあります。

貴比ギャラリー

「6歳6月6日」 花柳貴比作
 
日本では、古くから伝統文化の習い事を6歳6月6日から始めると上達する『吉』とされて来ました。
その由来は、室町時代に能楽を大成させた世阿弥の書した『風姿花伝』にもあり、子どもの成長過程において、数えで七歳(満年齢の六歳)から始める事が適しているとあります。
また、縁起の良い言い伝えでは、指で六つ数えますと、六つ目に、小指が立ちます。即ち『子が立つ』→『自立する』『出世する』と言った願いをこめた意味もあります。
中国から渡った言葉の中にもその語源が含まれています。
出世魚の『鯉』を六六魚と呼びます。
重ねるという縁起。将来への希望と願い。そして子どもの成長に最も適した年齢。といった理由です。
こうした数々の親が子へ託す思いや願いは今も昔も同じ、日本の伝統文化を学ぶ中から現代に適応してた様々な事を学ひ伝えて参ります。
 
古典芸能を学ぶ事を『稽古』をすると云います。
稽(考える)古(いにしえ)
本の古典芸能は先人から伝えられた知恵の宝庫です。
日本古来からの伝統芸道、武芸の修行と練習の事をこう呼びます。稽古の稽は、『考える事』。また、『繰り返し重ねる』という意味もあります。繰り返し重ねる事が自己の確立。そしてその過
程でそれぞれが体感する創意工夫。それこそが目的地に到達するまでの、子どもの成長です。
また、外から見ている親も、その成長過程を共に体感でき堪能できる素晴らしいものです。